スーツでお散歩???

偶然通りかかった広場に大型車、テント、人、そして・・・



大勢のワンちゃん!




車を止めて、中に入ってみると・・・



ん?スーツ姿の男性、女性が、身だしなみを整えたワンちゃんたちと・・・


画像



お散歩途中???









って?これ、「ドックショー」でした。



画像




ドックショー初見学の私にはちょっとびっくりでしたが、皆さん、スーツ姿!



ちなみにドックショーって?





ドッグショーとは、血統書付きの犬が美しさを競い合う犬の品評会。

犬の良し悪し、単純な美しさを競い合うものではなく、その犬種の基本的な美しさ(スタンダード)に最も近いかを競うもの。自然交配を肯定し雑種(ミックス)が増えていくうちにだんだんと本来の犬種らしさが消滅してしまうのを防ぐ、犬種の保存的要素が強い。

ドッグショーに出場する犬は総じて良血統で性格も温厚なので大差が無い。そこで、肉を豊富に与え毛艶をよくし、ハンドラーの元で立ち居振る舞いを美しく鍛えることで、優劣を決定する。

(途中省略)

審査内容

小型犬はテーブルの上で、大型犬は地上でステイポーズをとり、ジャッジが触れて、歯並びを始め、骨格などを確かめる(触診)。その後、多くの審査では、アップダウンという、歩様を最初に見る。歩様とは、ハンドラーがトロットという歩き方をさせ、そのときの様子を審査するもの。アップダウンでは、ジャッジから見て1方向へ進み、そのままターンして1直線で戻ってくる。そのあと、トライアングルもしくはラウンドで、リング内を1周もしくはジャッジの指示により複数回走る。

この時間約3分。ハンドラーは、この3分の中で、犬をしっかりジャッジに見せる。たとえば、アップダウンでまっすぐ走らせなかった場合、ジャッジは再度要求することが多い。

        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』






ん~確かにそんな審査をやっている感じでした。


画像



審査開始直前にヘアーにスプレーでお色直ししていました。
そして軽快に走ってましたよ。
あんよが鳥のチューリップ?(よく唐揚げで食べるやつ。最近あまり見かけない)に見えてしまった・・・


画像




思わず声を掛けたい!


『銀座からのお越しですか?』

『スーツ汚れますよ~』



それにしてもこの「ドックショー」

「雑種(ミックス)が増えていくうちにだんだんと本来の犬種らしさが消滅してしまうのを防ぐ、犬種の保存的要素が強い。」



これには「なるほど~」って感じでした。



環境的に考えれば、生物多様性(biodiversity)も非常に関連してくるな~と思う環ちゃんであった・・・



愛犬「さくら」には、首のお飾り(首輪ってあまり好きな響きではないな~)のおみやげ~






画像




"スーツでお散歩???" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント