賞味期限とコンビニ弁当

コンビニ売上高が百貨店抜く? 6・7%増?



こんなニュースを耳にしました。

47NEWS 『コンビニ売上高、百貨店抜く 6・7%増、業界の明暗鮮明』(クリックで参照)



確かに、たばこ自動販売機の成人識別カード「タスポ」の導入は大きな要因だと思います。

タバコを買うためにコンビニに入った中高年がついで買い・・・ん~あるある~



※以前、紹介しましたが、私はたばこを吸いません。でもタスポ持ってます。まだ2回しか使ったことがありませんが。



コンビニでお弁当を買ったことがある方も多いのでは?



今日は、このコンビニのお弁当に関してお話したいと思います。




お時間ありましたら、最初に以下の問題に挑戦ください!(3R検定公式テキストより)



問題


「食品に表示された期限」について、不適切なものはどれか?

※間違っているものですよ~



①「消費期限」は製造日を含めて概ね5日以内で品質が劣化する食品に表示される。

②缶詰に付けられた「賞味期限」を1日でも過ぎると食べることはできない。

③「賞味期限」は未開封で表示された方法で保存されていれば『おいしく』食べることができる期間を指す。

④期間表示を参考に、食べきれるかどうか考えてから買い物する。



正解は?(スクロールしてください~)
















答え 
※食べることは出来ますよ~


※③がまさに「賞味期限」の適切な説明です。


すなわち、「賞味期限」を過ぎても、極端でなければ食べることは可能なのです。


画像


注意)もちろん、開封したらすぐにお召し上がりくださいね!




「コンビニ弁当の廃棄」



これ、環境にも大きく影響する大きな社会的問題になっています。



でも、こう思ったことはありませんか?


「なぜ、コンビニ弁当って値引きしないのかな?」って・・・



そう、スーパーなどは、遅い時間には定番の値引きがありますよね。
しかし、コンビニではそんな光景をみることはできません。


・・・結局、捨てられます。



賞味期限の2時間前に廃棄処分されるのがほとんどらしいです。
消費期限ではなく、賞味期限2時間前ですから・・・



この背景には、「値下げして売るより、廃棄した方がコンビニを経営する本部が儲かる」という信じられない事実があるそうです。



こんな事実、知ってましたか~



昨年末から大きな問題になっている経済不安。



このコンビニ弁当も捨てることなく、是非、有効に生かす方法を考えてもらいたいものです。



あらかじめ、捨てて儲かる方程式があるなんて、もっと無駄のない事業をやっていただきたいですね。

"賞味期限とコンビニ弁当" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント