油揚げで包んだ細長~いお寿司!

皆さんは口にしたことがありますでしょうか?


「稲荷寿司(いなりずし)」「お稲荷さん(おいなりさん)」「揚げ寿司(あげずし)」


いろいろな呼び方があります。


ちょうどこの名物のお店が競合している地域にいるので昔から知っていますが、油揚げで包んで細長いお姿のお寿司はお奨めです。


今まで調べたこともなかったが恒例?のウィキペディアで調べてみた。


-----------------------------------------------------------------------
『稲荷寿司』


稲荷寿司(いなりずし)は、油揚げの中に飯を詰めた寿司。稲荷鮨とも書く。主に西日本ではお稲荷さん(おいなりさん)という呼び方も一般的である。揚寿司(あげずし)と呼ばれることもある。

甘くあるいは甘辛く煮付けた油揚げを袋状に開き、寿司飯(酢飯)をそのまま、あるいはニンジンやシイタケなどの具材を混ぜ込んで詰める。もっと具だくさんの、いわゆる「ちらし寿司」を詰めることもある。東日本では酢飯のみが多いのに対し、西日本では具材の入ったの稲荷寿司(五目稲荷ともいう)が多いとされる。その上から煮あげた干瓢などで縛ることもある。

米俵に模して四角に仕上げたものと狐の耳に模して三角形に仕上げたものがある。一般に関東では俵型、関西では三角形が主流とされている。

いわゆる高級な寿司屋ではあまり見られないが、庶民的な店やテイクアウト専門の寿司屋では人気の寿司。行楽の弁当などにも良く登場する。

埼玉県熊谷市(旧・大里郡妻沼町)名物の稲荷寿司(聖天寿司)は通常の倍ほどの長径があり、これは江戸時代のいなり寿司の形を反映しているとされている。

稲荷寿司と海苔巻きを組み合わせた折り詰めは助六寿司と呼ばれる。歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」の主人公、助六の愛人の名が揚巻であることから、 油揚げとのり巻きの洒落から名付けられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

-----------------------------------------------------------------------


そっか。よくスーパーで三角形のいなり寿司がありますが、これって関西なのですね。
で、俵型が関東。
納得です。しかし、今回の主役の稲荷寿司。これは俵型でも通常の倍ほどの長さなのです。


今日は母の日。


ささやかなプレゼントと一緒にチョイスしたのがこれ。


小林寿司高林店(群馬県太田市)のいなり寿司。


じゃ~ん!!!こちら~


画像



「いなり寿司3つ」に「のり巻き4つ」



『油揚げで包んだ細長~いお寿司』というのがこちら!



画像




甘~い何とも表現し難い味がたまりません!



なんでも、ここの店主は味にこだわり、毎日、味見をしているらしく、歯の状況は良くないとか。



プレゼントと言いつつ、自分の分も買っていき、あっという間にペロリ・・・おいしく頂きました。
埼玉県熊谷市の聖天寿司もいいですが、私はここ小林寿司太田高林店がお奨めです。



群馬県太田市へお越しの際は是非ともお立ち寄りください!

小林寿司(太田高林店)
群馬県太田市高林東町1349
0276-38-0509




"油揚げで包んだ細長~いお寿司!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント