上毛かるたぶらり旅 『ら』

今回の旅は『ら』


舞台はここ上州。



ここ群馬県、そして埼玉県北部地方にて冬から春にかけて吹きまくる空っ風(からっかぜ)は、いわゆる上州名物です。



今日も空っ風が吹きまくっていました。びゅ~



画像




写真ではわかりにくいかな?木々が音をたててしなっています。



画像




車で道路を走っていても・・・。



画像




突然、こんなふうに空っ風と共に砂嵐が・・・。



ほんと砂漠にいる様です。視界が悪くなってしまうのですから・・・。



上州名物のひとつに夏の雷もあります。



これまた、お勤めの方もそうでない方も大変なのです。



そういうの多い地域によくある神社が・・・。



『雷電神社(らいでんじんじゃ)』



皆さんの街にもありませんか?
以下は群馬県邑楽郡板倉町の雷電神社。



画像




雷電神社にある「なまずさん」は、なでると地震を除けて、元気回復、視力改善、自信が湧き出るとして、親しまれています。



画像



こんな感じにみなさん撫でています。
自然の名物の他にも、人情に厚く義理に固いのも上州名物のひとつ。
・・・と思っております。



『雷と空風(らいとからっかぜ) 義理人情(ぎりにんじょう)』



画像




ひさびさ~の「上毛かるたぶらり旅」でした~。

"上毛かるたぶらり旅 『ら』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント