上毛かるたぶらり旅 『お』

今回の旅は『お』
呑龍さまと言えば知る人ぞ知る・・・。

舞台は群馬県太田市。

今回の上毛かるたぶらり旅は・・・

画像



『太田金山(おおたかなやま) 子育て呑龍(こそだてどんりゅう)』



太田金山大光院と子育て呑龍について【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】


義重山 大光院 新田寺(ぎじゅういん だいこういん しんでんじ)は群馬県太田市金山町にある浄土宗の寺院。通称「子育て呑龍(こそだてどんりゅう)」、「呑龍様 もしくは 呑龍さま(どんりゅうさま)」。群馬七福神の弁財天。

慶長18年(1613年)、徳川家康が先祖の新田義重を祀るために呑龍を招聘して創建。

呑龍は当時、多くの子供が間引かれて殺されていた事を悲しみ、これらの子供を弟子として引き取って育てたため、後世の人々から子育て呑龍と慕われた。

「ほかにきはないまつばかり」の金山・・・とも言われ有名です。




この時期、大光院では関東菊花大会が開催されます。今年で50回を迎えました。
こんな綺麗な菊を見る為に多くの方が訪れます。七五三のお祝いの時期の開催されることもあり、駐車場に車を止めるのも大変な程の賑わいです。


画像


綺麗ですよね~。


画像


このかるたの舞台。太田金山。
ここには由良氏の築いた城跡と新田神社があります。

と言うことで・・・。

次回、「上毛かるたぶらり旅)は・・・。

『れ』


新田義貞を訪ねます!

"上毛かるたぶらり旅 『お』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント