上毛かるたぶらり旅 『き』

今回の旅は『き』

訪れたのは群馬県桐生市。

織物の町として有名です。

画像




今回の上毛かるたぶらり旅は・・・



『桐生は日本の(きりゅうはにほんの) 機どころ(はたどころ)』



桐生の織物の起こりは古く、奈良時代のはじめには絹織物を朝廷に献上し、江戸時代には「西の西陣、東の桐生」とうたわれ、織物の一大産地となったそうです。


画像



こんな機械で織っていた様です。


画像



こちらは国登録有形文化財 金谷レース株式会社鋸屋根工場

大正8年築。桐生市内では唯一のレンガ造の鋸屋根工場。


ほんとのこぎりの様な屋根ですよね。そう言えば工場の絵を描く時ってこんなギザギザ屋根を書きますね!



桐生市内には多くの国登録有形文化財があり、1日ゆっくり楽しめます。
この金谷レース㈱をはじめたくさんの建物を満喫してきました。


画像



近代化遺産としてこういう建物、環境を守っていくって大切なことですね。

"上毛かるたぶらり旅 『き』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント