小池百合子環境大臣の「もったいないふろしき」??

小池大臣が自ら作ったそうです。
「もったいないふろしき」

以下、環境省HPの環境省報道発表資料からの引用です。
--------------------------------------------------
「もったいないふろしき」とは

日本の伝統文化であったふろしきが循環型社会を考えるきっかけになるのではないかと考え、レジ袋や紙袋に代わるものとして、小池環境大臣が作成しました。ペットボトルを再利用した布地に、江戸時代の画家、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の花鳥図をあしらったものです。

---------------------------------------------------
・・・とのことです。

新春イベント「大臣の大FUROSHIKI」には小池大臣が出演される模様。

「もったいないバック」
これも実際には結構難しいのですよね。
  ・コンビニでレジ袋を断る
  ・スーパーへマイバッグを持っていく(レジ袋を断る)
簡単な様でなかなか出来ないのですよね。

ペットボトルの再生材で作って、とにかくゴミを出さない・・という取組みはとても素晴らしいことです。

クールビズの様に効果があらわれるといいです。

「もったいない」
これも2005年に流行した言葉と思います。

いずれにしても少しずつですね。

環境省HP報道発表資料はこちら




"小池百合子環境大臣の「もったいないふろしき」??" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント