小学生の勇気ある意見がありました。

行ってきました。地球温暖化タウンミーティング。
有楽町駅からすぐの東京国際フォーラムで開催されました。
タウンミーティングは初参加でした。
参加者の意見・質問に対し、小池環境大臣、小此木経済産業省副大臣が回答するという
形式でした。
全部で12名の方の意見・質問が取り上げられました。

なかでも印象に残ったのは・・・・。
小学4年生のいずみちゃん。
タウンミーティングでは最年少かも・・・と小池大臣。
「今日は地球温暖化について勉強に来ました。なぜかというと、学校では地球温暖化の
ことを教えてくれないからです。」
結構、学校教育ではやられていると思ってました。
各地の展示会に行くと、黄色い帽子をかぶった小学生を見かけるので。

他の大人の方も活発な意見をしていましたが、いずみちゃんの発言には考えさせられました。
私は多くの方に地球温暖化を知ってもらい、行動を起こしてもらえる様、自分なりに活動して
いるつもりでした。
でもまだまだですね。
小学校等で教育する機会があればやってみたいかな。

街の環境関係の活動でエコハウス的なものを作っています。
そこで環境教育もやるみたいなので、是非実現させたいです。

環境省もいろいろな施策を考えている様で、ちょっとほっとした一日でした。
同様のテーマがまたあれば参加したいと思いました。

今日は公園の草むしりにも参加し、活発的な一日になりました。

ONDOWN.JPの方、トラックバックありがとうございました。
私はブログも地球温暖化も初心者です。よろしくお願いします。



"小学生の勇気ある意見がありました。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント