年々早くなる『ハグロトンボ』との出会い(副題:ハグロトンボが現れた・・・パートⅣ)

今年は6月1日でした。



画像




この『ハグロトンボ』に出会った日。



ハグロトンボが現れた・・として追いかけているハグロトンボ。このブログでも第4回目となります。



過去記事を参考までに!ハグロトンボが現れた・・PartⅢ(クリックで閲覧できます)



私の記事の履歴を辿るだけでも地球温暖化の急速な変化。ひしひしと感じる気がします。



パートⅠ、Ⅱは2005年7月25日に遭遇。


パートⅢは2006年6月17日に遭遇。



そして今回のパートⅣは・・・



なんと2008年6月1日。



2007年は記録していませんでしたが、年々早まっています。
これってすごい記録です。



そういえば『梅雨入り』も・・・




気象庁は6月2日、「関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる」と発表しましたが、平年より6日、昨年より20日早い梅雨入りだとか。




地球温暖化の問題。




まさに我がこととして考えなければなりませんね


この『ハグロトンボ』


毎年、最初に出会うのは必ずご婦人です。


ちなみに殿方の胴体はコバルトブルーなのです。



画像




こんな感じにすごく綺麗なのですよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年06月04日 20:03
 環ちゃん、温暖化やさまざまな環境の変化で生物界にも異変があらわれているのでしょうね。
花の開花期に異変が出たり、虫などの発生や分布域も変わって来ていますね。
 ちょっと前には、白神山地のブナがそのうち絶えてしまうかも、などという記事が新聞に出ていましたしね。
2008年06月04日 20:17
こんばんは 16384という数字がなぜわかるかと言うと、いつも頭の中で2,4,8,16‥と倍々する癖があるので、14回すればこの数字と言う印象があったのです。FPには出ません!
こうして、日付をチェックしていても、地球温暖化がわかりますね。そう言えば先日紹介した蝶の写真家の方は、これまで九州にしかいなかった蝶が東京で見られる、と話しておられました。
2008年06月04日 21:40
なんだか浮かんでいるように優雅にとまっている姿がすごくきれいです。色もきれいだし、写真もすてき。毎日耳にするようになった環境問題。生き物達はただ生きているだけなのに、私達はもっと謙虚に生きなければと思いました。
2008年06月04日 22:56
 地球温暖化は沢山の事例で証明できるようになり、国民一人一人が取り組む問題になっていますね。
 環さんの4年間の観察で証明されたハグロトンボの出現が年を追って早まっていることを、私も事例として紹介させていただこうと思います。
 確かにかぶと虫の幼虫の羽化等も早まっているようです。
2008年06月05日 07:52
なおさん、ようこさん、kaoriさん、そして村さん。
後ほど、ゆっくりお返事させていただきます。
いつもありがとうございます。
2008年06月05日 12:38
なおさん。こんにちは。
生物界にも異変・・だれもが感じてますよね。
白神山地のブナ林。新聞で見ました。記事書こうと思ってそのままにしてしまいました。消滅してしまうなんて大変なことですよね。
2008年06月05日 12:40
ようこさん。遅くなりました。
九州にしかいなかった蝶が東京で・・
参考になります。
なるほど、そうやっていろいろ調べていくと、地球温暖化の影響は目に見えてきていますね。
16384。やはり、FPには出ないですよね(笑)
いつものコメントに感謝です。
2008年06月05日 12:42
kaoriさん。こちらにもどうも。
>生き物達はただ生きているだけなのに、私達はもっと謙虚に・・・
そうですね。
あっ、写真をお褒め頂きありがとうございます。
2008年06月05日 12:45
村さん。こんにちは。
>私も事例として紹介させていただこうと思います。
ありがとうございます。是非ぜひ~
何気なく、昨年より早いな~って思って調べたら、年々早くなってきていたのです。もうじき、ハグロトンボのご婦人もたくさんやってくるはずです。
環境問題。みんなで取り組みましょうね。
2008年06月05日 13:51
こんにちは^^
最初は目に見えないくらいゆっくりとした変化が
体感できるくらいになってますね。
でも、人間って不思議なもので
データで示されないとピンとこないみたい。
そういう意味では、環ちゃんの4年間のデータは
大きな意義があると思います。
2008年06月05日 16:44
環ちゃん、こんにちは。
このハグロトンボは私も見ました。それも5月30日だったと思います。川のそばを散歩中に見かけて写真をと思ったのですが、飛んで行ってしまいました。オスの方がきれいですね。ハグロトンボが現れる環境は良くなったって事だけど、年々早まってる羽化の時期は環境が悪化しているって事でしょうか。
2008年06月05日 19:04
Sueさん。こんばんは。
自分でもびっくりしましたが、記録してみるものですね。
確かにわかりやすい説明に使えるかも。
2008年06月05日 19:08
あんこ姫さん。コメントありがとうございます。
5月30日にですか。やはり早いですね、今年は。
そうですね。環境の悪化はまさに手にとる様にわかってきていますね。
オスの方が確かに綺麗です。
2008年06月05日 19:10
村さんへのコメント。今、気付きましたが、これからやってくるのは殿方でした~
(あんこ姫さんのコメントで気付いた~)
guranpa
2008年06月06日 08:53
環ちゃん
ごぶさたしてます。いつも心配していただきありがとうございます。このページは写真がキレイですね。癒されます。ご商売の方は如何ですか?不安定な時代でマーケッティングも思うようにならないことでしょう。山あり谷ありが人生行路です。お互いにがんばりましょう。グランパ
2008年06月06日 20:54
グランパさん。こんばんは。
癒されるなんてありがとうございます。
4月に職場が変わりまして、今は別の畑で仕事しています。
ほんとグランパさんの頑張りは私も励みになります。そうですね、お互い、頑張りましょう!
2008年06月07日 00:37
オハグロトンボ、綺麗ですね。
飛来が年々早くなってきている?
さすが環ちゃんですね~~♪
一昨年が7月25日。昨年が6月17日。
見過ごしてしまいそうなことを、きちんと記録してあるって凄いです。温暖化の所為でしょうか?いろんな所で、疎かに出来ない現象がおきているのですね。
2008年06月07日 11:18
S子さん。
いつもS子さんは「オハグロトンボ」って呼びますよね。そう呼ばれることも知ってましたが、あらためて調べてみました。
羽が黒いことから「ハグロ・・」と思われがちですが、実際には婦人が歯を黒く染めた「お歯黒」に似ていることがこの「ハグロトンボ」の名前の由来みたいですね。
また、歯を黒くすることを「鉄奬つけ【かねつけ】」と言ったことから「ケネツケトンボ」とも呼ばれるそうです。
この記録はデジカメという便利なものがその日を記録してくれるからです。でも年々早まっていること、こうしてあらためて認識するとびっくりです。
最近、このブログへ遊びに来てくれる「FPようこダイアリー」というブログをお持ちの方から聞きました。
九州でしか見ることが出来ない蝶が東京に現れているとか。びっくりですね。
S子さん。いつもありがとうございます。

この記事へのトラックバック