人力で人を運ぶ・・・

『とある日の京都』



画像


こちらは2人乗り
もちろんご存知の「人力車」


『とある日の横浜』



画像


こちらも二人乗り
ちなみにこれは「自転車タクシー」という種類になるかと。



どちらも化石燃料を使わずに人々を毎日運んでいます。




地球には大変やさしいですが、体力勝負ですね




でもこうやって人々を楽しませて、あるいは古き時代を偲ばせて語らいながら・・・



地球にやさしいなんて、いいですよね。



私はまだ一度も利用したことがないのでいつかは・・と思ってます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月17日 19:20
 環ちゃん、日本の道路事情では、東南アジアのように人力タクシーがずらりと道を走るなどというのは難しいかもしれませんね。
 日本の観光地では人力車が走っているところがあちこちありますね。今でも車夫というのかは?ですが、体力、脚力がいることでしょうね。
 僕の地元・小江戸川越でも蔵のまちを人力車が走っていますが、まだ乗ったことはありません。
2008年05月17日 22:31
自転車タクシー、記憶の中にあるような古い風景??
戦後の、いつ頃のことだったのでしょうか。
今、横浜の街を走っているのですか?
観光客用なのでしょうね。
人力車も、自転車タクシーも、せめてひと時
ゆったりと昔に浸りたい心を満たすものなのでしょうか?
2008年05月17日 23:27
自転車タクシー、面白いですね。
そういえば、千葉県茂原市に行った時に面白いものを見ました。人車と言って、電車のように軌道はあるのですが、そのカゴを人が押すというものです。茂原の博物館に、現存するおそらく唯一のカゴが展示されていました。1926年に撤去されたそうです。
2008年05月18日 10:12
今年の春、京都に行った時、人力車は結構走ってました。乗って見たいと思いましたが料金が・・横浜のは見たことないです。

車がないと不便な田舎ですが、近場くらいは自転車に乗ってゆっくり景色をみるのも環境に優しいですよね。”環境を意識してきた日々”
2008年05月18日 20:35
なおさんは川越でしたか。
川越は川越人力屋さんがやっているみたいです。
ホームページには俥夫(しゃふ)とありました。なるほど、人が引く車で、やはり車夫という呼び方は残っている様ですね。
それにしても私には無理、絶対無理・・です(笑)
川越小江戸も一度散策してみたいです。
2008年05月18日 20:40
S子さん。こちらにもありがとうございます。
写真の人力車は京都嵐山ですが、函館、雷門、奈良、湯布院・・と全国展開しているえびす屋さん。
ちょっとけちってしまいましたが、嵐山で乗っておけばよかったな~とち後悔です。
でもこの車夫さんの説明を聞きながらの旅は素敵でしょうね。
2008年05月18日 20:46
ようこさん。こんばんは。
県営人車軌道庁南線でしょうか。ちょっと調べてみました。
勉強させて頂きました。ありがとうございます。
人力で動くもの・・調べてみると結構楽しいかもです。
いつもありがとうございます。お返事、遅くなりました。
2008年05月18日 20:49
あんこ姫さん。こんばんは。
京都へ行かれたのですね。きっと「えびす屋」さんの人力車ですよ。私もいつか乗ってみたいです。
あんこ姫さんも環境を意識してきているとは・・ありがとうございます。
こうして昔を偲び、エコな移動もいいですよね。
2008年05月18日 22:58
こんばんは^^
「人力〇〇」一度も乗った事ないです。
旅行先でも乗ってみたい気は満々なんですけど、
何かちょっと恥ずかしくって…。
でも、一度は絶対乗ってみたいです。
ちなみに普段の生活では車より自転車を使うことが
多くなった私です^^
2008年05月19日 19:27
Sueさん。こんばんは。
Sueさんも未経験ですか。そうそう、旅行先で乗ってみたいと思うのですが、恥ずかしいですよね。
私はやはり車>自転車の生活ですが、出来るだけ歩くか自転車にもって行こうと四苦八苦でしております。

この記事へのトラックバック