『世界がもし100人の村だったら』をご存知??

Think Globally, Act Locally(地球規模で考え、足元から行動せよ)

今や私の座右の銘でもあるかな?


『世界がもし100人の村だったら』


先日の環境社会検定試験(eco検定)の公式テキストの第1章冒頭から紹介された有名なお話です。
私はこのテキストで初めて知りました。

このお話。いわゆるチェーンメールが始まりとされていて賛否両論。しかしながら私は環境を考える・実践する上で重要な提言と感じています。
テキストにも冒頭から掲載されているので、あえてご紹介します。


☆☆☆☆                 ☆☆☆

『世界がもし100人の村だったら』については以下参照。

世界がもし100人の村だったら (If the world were a village of 100 people)は、インターネット上でチェーンメールのように広まって、世界的に流布した世界の人々の相互理解、相互受容を訴えかける世界村(en:global village)について示唆を与える文章。2001年前後から世界的に広まった。元々はアメリカのイリノイ州出身の大学の女性教授ドネラ・メドウスが、世界が1000人の村だったら、というタイトルで書いた文章から出発し、それがネットを介して伝えられていく内、100人に人数が減り、また部分的に削除されたり、逆に加筆されたりして流布しているもの。日本では、2001年3月にアメリカ、ワシントン・DCで元世界銀行に勤務していた中野裕弓が、元同僚から受け取ったものを日本語に訳したのが、最初だといわれる。また同年2001年には翻訳家の池田香代子とC・ダグラス・ラミスが再話し、日本語に訳してマガジンハウスから出版した。また、これを開発教育協会が、国際理解教育の教材として開発したものも存在する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

☆☆☆☆                 ☆☆☆


以下、出版本からの抜粋です(eco検定テキストに抜粋としてあげられているもの)。


「100人のうち52人が女性で48人が男性です」


「すべての富のうち6人が59%をもっていて みんなアメリカ合衆国の人です 74人が39%を 20人がたった2%を分けあっています」


「すべてのエネルギーのうち20人が80%を使い 80人が20%を分けあっています」


「75人は食べ物に蓄えがあります 雨露をしのぐところがあります でも、あとの25人はそうではありません 17人はきれいで安全な水を飲めません」


「20人は栄養がじゅうぶんではなく 1人は死にそうなほどです でも15人は太り過ぎです」


こんな風にもし世界が100人の村だったら・・を世界の実情で説得力をもって表現しています。



このお話が教えてくれていること・・・。


誰かが実態を直視して、具体的に行動を起さなければ、決して世界は変わらないという現実。



画像




Think Globally, Act Locally(地球規模で考え、足元から行動せよ)




これは地球環境問題を考える上で大変重要なキーワードです。



今日は少々堅いお話になってしまったかも?

ただいずれにしても「足元からの行動」


大切なことと思います。出来ることからでいいのです。是非、何か実行してみて下さい!
殿方の私でも、慣れてくればスーパーのレジで「レジ袋要りません」を主張できますよ。
そんな小さな行動からでいいと思います。


※体調を壊し、しばらく更新をお休みしていました。お気遣い下さった皆様に感謝です。もう元気になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月01日 00:13
100人の村、僕もeco検定のテキストで知りました。
非常に分かりやすく、すっと頭に入っていきました。
世界の20%が80%の資源を食いつぶしているとは!
2006年12月01日 07:48
ハルさん。ようこそお越しを!
そちらのブログ。みんなのエコブログにて、14%くらい目指したほうがいいんでないの・・に反応していましたが先を越されました。
テレビでも取り上げられていましたが、すごくわかりやすく、改めて認識した次第です。
またゆっくりそちらへもお邪魔させて頂きます。どうぞよろしくお願いします。eco検定繋がりということで後日リンクさせて頂きますね。
2006年12月01日 09:01
そちらも冬をむかえて寒さが厳しくなってきたと思いますので、風邪などに注意して下さいね。

今では当り前のように「レジ袋要りません」 弁当買っても「割り箸要りません」「スプーン要りません」・・・などなど実行してますよ。
それに今、洗濯も洗剤使ってないんですよー。まだお試し期間中ですけど、このまま汚れ落ち、臭いに問題なければ洗濯洗剤ともバイバイです。
2006年12月01日 12:53
こちらこそ、私のブログに来ていただいてありがとうございます。
実は、僕も「みんなのエコブログ」からこのブログを知りました。「みんなのエコブログ」を知ったきっかけはeco拓也さんの「環境エンジニア 拓也のエコ日記」から。もしよろしければそちらもご訪問下さい!

エコ検定のおかげで、最近ブログ活動が活発になってきました。エコ検定繋がり! うれしいですね。僕も合格して良かったw
ぜひリンクしてください。

またお邪魔しまーす!

2006年12月01日 17:20
環ちゃん、はじめてお邪魔します^^
私も、エコ検をギリギリですが、パスしました。
100人の村は、分かりやすくてインパクトもあり、本当に心に残りますね!
勉強できて、良かったです。
自分の生活の中で、楽しく出来ることを基本にエコライフを送っている毎日です。ブログを通じて環境問題について語り合える事が、とても嬉しい毎日です。
ただPCに弱いアナログ人間なので、いろいろな機能を使いこなせせなくって…こちらも、勉強しなくては…
また、お邪魔します^^
2006年12月01日 19:37
具体的で良くわかる例えですね。
真剣に考えなければならないことなのに、みんなどこか遠い国に、やがては起こるかもしれない危機などと甘いのですね。100人だけだったら、私は何処へ入るかよ~く解ります。これからも色々教えてくださいね。
2006年12月01日 23:08
 「世界がもし100人の村だったら」の話、久しぶりに読みました。
 毎日生きていて、「あの人はいいな」とか、「あれがない、これがない」「あれも欲しい、これも欲しい」と、私は思っています。
 けれど、世界が100人の村だとしたら、私は間違いなく、「いいな」と思われる立場だろうし、あり余るものを持っていると思います。
 もっと、自分が持っているもの、自分の豊かさに目を向けたいと思います。
 先日、久しぶりにアフガニスタンの方々に医療を提供する日本の団体に、寄付しました。
 出来る事から始めたいです。
 環さま、お体ご自愛くださいね。
環境を意識した日々
2006年12月03日 20:18
kawaseiさん。お気遣いありがとうございます。早速、先日、胃腸風邪とやらにやられてしまいました。もう元気です。
私も少しずつですが「○×※要りません」が言える様になってきました。
さすがkawaseiさん。無洗剤までチャレンジとは!
コメント大変遅くなり申し訳ありませんでした。
環境を意識した日々
2006年12月03日 20:22
ハルさん。コメントが大変遅くなりましてすみません。
エコ検定繋がりで新たにこうしてお話出来ることはうれしいですね。eco拓也さんのブログへは遊びに行ったことがあります。足跡残したことがあったかな?
また遊びに来てくださいね。
環境を意識した日々
2006年12月03日 20:27
ゆうさん。コメント遅くなりました。
ようこそお越し下さいました。うれしいです。
eco検定。合格おめでとうございます。

>自分の生活の中で、楽しく出来ることを基本にエコライフを

私も近い考えで実践しています。いずれにしても楽しくなくてはいけませんよね。
そちらへも遊びに行かせて頂きます。どうぞよろしくお願いします。
環境を意識した日々
2006年12月03日 20:33
S子さん。大変コメント遅くなりましてすみません。
短い言葉でたくさん考えさせられます。
「デイアフタートゥモーロー」という映画はご存知ですか?この映画もこのままだと本当に起こり得る地球の未来をするどく表現しています。
地球規模で考える、現状を知る・・大切だと思います。
環境を意識した日々
2006年12月03日 20:36
とみさん。コメント大変遅くなりました。
とみさんはご存知でしたね。
>もっと、自分が持っているもの、自分の豊かさに目を向けたいと思います。
同感です。
>アフガニスタンの方々に医療を提供する日本の団体に、寄付
これも頭が下がります。
出来ることから、足元から・・・ですね。
体はすっかりよくなりました。ありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 水溶性ビタミン

    Excerpt: 水溶性ビタミンについての紹介です Weblog: 水溶性ビタミンの紹介 racked: 2007-04-02 13:01
  • もし世界が100人の村だったら

    Excerpt: 過去にも紹介させて頂いた「もし世界が100人の村だったら」! ここから、あなたは何を感じ、何を見出したであろうか?? 理解は出来た�... Weblog: ■世界が待ち望む夢のプロジェクト進行中! 神新二 racked: 2008-02-16 17:40