しばらく眺めていた・・・

利根川の土手からグライダーを!


「グライダー」


近くで見るとこんな感じでした。


画像



ここは利根川の河川敷にあるグライダー滑空場(場所は埼玉県)。


週末に限らず大学の航空部、グライダー部の学生さん、そのOBなどで大賑わい。


画像



こんな感じに・・・。これは着陸のちょっと手前の1枚。


画像



着陸~


写真の右下に注目!2人、グライダーに向かって駆けつけています・・・。
やっぱり心配??


それにしても燃料も使わず、気持ちよさそうに空を散歩していました。


でもグライダーってどうして飛ぶのだろう??

(以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋)

グライダーに800~1500mほど伸ばした金属または化学繊維製のワイヤーロープを取り付け、これをエンジンまたは電動モーターにより動かされるウインチを使用して高速で巻き取る。それによりグライダーは急激に加速、上昇していく。最高高度(300~600mほど)に達したらグライダー側でフックをはずす。

・・・とのこと。

離陸時に動力を使うにしても、環境にはやさしいか・・・。いや、きっとやさしい!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

さんがつ
2006年09月26日 20:01
いいなぁ。
空、飛んでみたい!
環境を意識した日々
2006年09月26日 22:25
さんがつさん。いつもありがとうございます。
空、飛んでみたいですね。
近くに住んでいるせいか、『乗ってみない?』と誘われたことがあります。
『事故とかってないの?』って聞くと・・・。
『うん、過去に1度しか墜落事故はないよ』
・・・・・・・・・・勿論、その時も現在も同乗させて頂いたことはありませぬ。
2006年09月26日 23:46
大昔からの人間の夢が実現して、現代までの宇宙飛行の進歩。でも尤も原始的な??グライダー本当に気持ち良さそう~~私は子供のころ、いつも空を飛ぶ夢を見ました。それも環ちゃんの前頁のような夕やけ空です。大きく息を吸って、両手を広げて風に乗るのです。何処までも好きなところへ飛んで行けたのです。タケコプターの何十年も昔のことです。変な子供だったのです。
環境を意識した日々
2006年09月27日 12:15
S子さん。おはようございます。
グライダー。実際に乗ろうとすれば怖いですが気持ちいいでしょうね。
子供の頃、いつもそういう夢を見ていたのですね。タケコプター位のものは欲しいですね。先日もTVにて鳥人間コンテスト?をやってました。しばらく見ていませんでしたが今や人力で長い距離を飛ぶことができるのですね。びっくりしました。

・・・とコメントしようとしたらメンテナンス中でした。
で、今になってしまいました。
E・G
2006年09月27日 19:05
子どもの頃は空を飛ぶ夢をよく見ました。
ハンググライダーが登場した頃、パンフレット
を集めたことがありましたが諸般の事情であき
らめました。
せめて遺灰を空からまいてもらおうかな(笑)
環境を意識した日々
2006年09月28日 20:47
E・Gさんも空飛ぶ夢を見たのですか。
私はあまり記憶にないですねー。
ハンググライダー、パラグライダー、私もやってみたいと思ったこともありましたがチャレンジできませんでした。
空からまいてもらうのもいですね。

この記事へのトラックバック