♪名もない花には名前を付けましょう♪

画像


いよいよ3月に入りました。春はもうすぐそこです。
こんな桜が咲くのももう少しですね。

♪♪名もない花には名前を付けましょう この世に一つしかない
   冬の寒さに打ちひしがれないように 誰かの声でまた起き上がれるように・・・♪♪

この歌い出しで始まる「桜」

最近、いろいろなところで聞こえてきます。
聞いたことはありませんか?

人気男性デュオの「コブクロ」さんのヒットソングです。

♪♪桜の花びら散るたびに 届かぬ思いがまたひとつ
   涙と笑顔に消されてく そして大人になった・・・♪♪

このフレーズ、特にお気に入り!
最近では卒業式などで多く歌われているらしいです。

名もない花には名前をつけましょう

これもいいですねー。

道端で見かけた小さな花・・・。
名前もわからないもの、結構多いです。
実のならない花かもしれません。つぼみのまま散る花かもしれません。
みんなで名前を付けてあげましょう。冬の寒さに打ちひしがれない様に・・・。

そんなきれいな歌を聴きながら・・・
春待ち遠しい今日この頃・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月02日 22:45
 名前の分からないもの、結構多いどころかほとんど名前がわかりません。
 教えてもらってもたちまち失念してしまいます。
 まったく無教養で自分ながら呆れてしまいます。
 まあ綺麗さは分かるのでそれでいいかな?なんて言い訳をするのは得意です。
2006年03月02日 23:01
私なんかほとんど分からないに近いです。覚えて忘れて、再度覚えて忘れ、やっと覚えるみたいに。でも「あっ、これ前に見た」でもいいと思っています。ゆうくらふとさんは結構たくさんご存知なのでは・・・という印象ですけど。
前に記事に書きました「万両」と「千両」。
どっちが上向きだったか?悩んでしまう今日この頃。
noreturn
2006年03月05日 09:33
知らないことのほうが遙かに多い。
プログでは沢山の人から教えていただいております。
ありがたいことです。
写真と実際の違いにとまどうことがよくあります。
高山植物の女王「コマクサ」。写真で見ると堂々とした花ですが山で見ると、地面を這うように咲いています。
初めて見たときには、こんなに小さいのと思いました。
反対は「キヌガサソウ」でした。
花は堂々とした大きさでした。
また「シモツケソウ」は山により個体の違いに驚かされました。
山の花は山で、咲いているときが一番うつくしい。
山があれると、花もあれます。
環境の大切さを自然から教えられます。
2006年03月05日 17:07
山の花は山で、咲いているときが一番うつくしい。
そうですね。自然が多くのことを教えてくれますね。
noreturnさん、ありがとうございます。

この記事へのトラックバック