環境を意識した日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 23.5度の奇跡

<<   作成日時 : 2008/07/08 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

23.5度。
50億年前の巨大な隕石の地球への衝突によって起こった傾き。



もし、この衝突がなかったらなら・・・




現在、我々がこうして四季を感じて生活していることはなかったかもしれない。



ご存知でした?この23.5度の傾き。





今年の1月に公開された映画『アース(Earth)』



画像


BBC Worldwide Ltd. アースのロゴはBBC Worldwide Ltdの登録商標です。




先日、DVDにて鑑賞させて頂きました。




すごく考えさせられた作品でした。お奨めです




物語はホッキョクグマの母子が北極にて冬眠から目覚めることから始まる。





製作年数5年、撮影日数4,500日、撮影地世界200ヶ所以上という映像美が語る究極のノンフィクション。




ホッキョクグマ、象、ザトウクジラの壮大な旅は地球温暖化の問題を自然に考えさせてくれる。




ホッキョクグマが冬眠から目覚めると、当然ながら餌を探しに・・・



ところが地球温暖化の影響で氷は溶け、氷上で餌を確保することが難しくなっているのです。



以前、ニュースでこんな話題を耳にしたことがありますが、この映画「アース」を見て、あらためてその現実を思い知らされました。



氷がなくなっても生きていかなければならないホッキョクグマは海を泳いで餌場を求めます。
やっと辿りついても餌が確実に手に入る訳もなく・・・



この映画のポスターには、このホッキョクグマのかわいい姿が映し出されています。
しかし、現実は・・・



ホッキョクグマは2030年に絶滅・・・とも言われています。



洞爺湖サミットでは『温室効果ガス排出を2050年までに50%削減』


これを世界のひとつの目標にしています。



しかし、ホッキョクグマは2030年に絶滅してしまうかもしれないのです。



なんとかならないものでしょうか?




森、水を求めて砂漠を縦断する象たち。
食糧を採る為、赤道を越えて南極まで泳いでいくザトウクジラの親子。
どのシーンも地球温暖化の現状を深く考えさせられ、現実を再認識させてくれます。



7月7日から洞爺湖ではサミットが開催されていますが、機会があれば、この映画「アース」を是非一度ご覧ください。


この映画の後半でナレーターがこう言います。


『すべてが今まで以上に私たちの手に委ねられている』



まさにその通りです。



今まで以上に・・・



小さなことから行動に移していかなければなりません。


まさに・・・


Think Globally ,Act Locally
(シンク グローバリー、アクト ローカリー)




地球規模で考えて足元から行動しましょう。出来ることから・・・今まで以上に・・・

最後まで読んでくれてありがと〜♪♪♪ にほんブログ村 その他日記ブログ あほ・バカへ にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ 人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
「アース」観たいと思ってました。
本当に危機感を持って生活してる人がどれくらいいるのかな
って考えたことがありますが
きっと、コレ観たら「何とかしなくちゃ」という気持ちになるのでしょうね。
たくさんの人が観てくれるといいなぁと思います。
Sue
URL
2008/07/08 22:21
こんばんは ノンフィクションの環境を考える映画なら
30年ぶりに見てみようかな。「がんばれタブチくん」以来映画見たことないんですよ。
洞爺湖サミットも、本当にどれだけの成果があるのかと思ってしまいます。少しでも環境保全に貢献できるような生活を送りたいです。
ようこ
URL
2008/07/08 23:00
環ちゃん、おはようございます。
この映画、私もDVDですけど、見ました。きれいな自然ばかりではなく本当に現実に危機に瀕している事がよくわかりました。自分で出来ることはなるべくしているつもりですが、もっと今以上にですね。
あんこ姫
2008/07/09 08:06
『Earth』は、今まさに破壊への道を辿っている地球そのものですね。
映画を私はまだ見ていませんが、地球に深刻な問題が迫っているのに真剣に考えている人が少ないような気がします。
自分達の亡い後のことだから関係ない、と考えているのでしょうか?地球の氷が解けて台風のときのように、床下浸水が始まってから慌てても遅いのですよね。
サミットでも、50年後云々??その頃の地球は水浸しかもしれません。今から明日にでも生まれる子供、孫かもしれませんがその人たちに住めない地球を遺産として渡さなければならないなんて・・恐ろしいことです。
S子
2008/07/09 14:43
私もDVDでみました。自然や動物たちはただ生きているだけなのに切なくなります。日々の中でもっと気をつけなければと思います。映画とはまた違いますが、テレビの「動物奇想天外」生き物と自然環境なども世界各国の色々な動物たちの視点から多くとりあげていて考えさせられますね。
Kaori
2008/07/09 22:26
Sueさん。いつもながらお返事遅くなりましてすみません。
アース、お奨めですよ。
私はあまりこういうドキュメンタリーって観ないのですが、素晴らしい貴重な映像に感動すると共に考えさせられました。
たくさんの人に観てもらいたいですね。
環ちゃん
2008/07/10 06:18
ようこさん。おはようございます。
お返事遅くなりました。
「がんばれタブチくん」以来ですか。ちょっと驚きです。
そういえばタブチくんってありましたね。
洞爺湖サミットも閉会となりましたが、これからがの動きが大切ですね。私的にはいろいろと言いたいことがあるのですが、これは後ほど。
環ちゃん
2008/07/10 06:22
あんこ姫さん。こんばんは。そしていつもながらお返事遅くてすみません。
アース、観たのですね。私もDVDで観ましたよ。
最近の気候の変化もそうですが、こういう映画って環境問題を身近に感じますね。
みんなに薦めましょう!
環ちゃん
2008/07/10 06:25
S子さん。おはようございます。
大変遅くなりました。
サミットでよく登場する50年後。記事にも書きましたがホッキョクグマ絶滅はその20年前・・・
現実を見つめて動き出さないとけませんね。
先日、久々にそちらに伺いましたが、コメントしないで帰ってきてしまいました。また遊びに行きますね。
環ちゃん
2008/07/10 06:28
kaoriさん。おはようございます。
アース、観たのですね。
最近のテレビ、映画など考えさせられるものがたくさんありますね。これを一人でも多くの人が目に耳にしてもらいたいものです。
環ちゃん
2008/07/10 06:30
おもしろそうなDVDですね。
さっそくさがしてみてみます。!!楽しみですね。
ありがとうございました。
ペンションへのこ(みどり)
URL
2008/07/10 07:56
みどりさん。こんばんは。
是非ご覧くださいね。もしご覧になりましたらご感想、期待してます。
みなさんのコメントを見ても結構ご覧になっている方が多いですよね。
環ちゃん
2008/07/10 20:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
23.5度の奇跡 環境を意識した日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる