環境を意識した日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 油揚げで包んだ細長〜いお寿司!

<<   作成日時 : 2008/05/11 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 11

皆さんは口にしたことがありますでしょうか?


「稲荷寿司(いなりずし)」「お稲荷さん(おいなりさん)」「揚げ寿司(あげずし)」


いろいろな呼び方があります。


ちょうどこの名物のお店が競合している地域にいるので昔から知っていますが、油揚げで包んで細長いお姿のお寿司はお奨めです。


今まで調べたこともなかったが恒例?のウィキペディアで調べてみた。


-----------------------------------------------------------------------
『稲荷寿司』


稲荷寿司(いなりずし)は、油揚げの中に飯を詰めた寿司。稲荷鮨とも書く。主に西日本ではお稲荷さん(おいなりさん)という呼び方も一般的である。揚寿司(あげずし)と呼ばれることもある。

甘くあるいは甘辛く煮付けた油揚げを袋状に開き、寿司飯(酢飯)をそのまま、あるいはニンジンやシイタケなどの具材を混ぜ込んで詰める。もっと具だくさんの、いわゆる「ちらし寿司」を詰めることもある。東日本では酢飯のみが多いのに対し、西日本では具材の入ったの稲荷寿司(五目稲荷ともいう)が多いとされる。その上から煮あげた干瓢などで縛ることもある。

米俵に模して四角に仕上げたものと狐の耳に模して三角形に仕上げたものがある。一般に関東では俵型、関西では三角形が主流とされている。

いわゆる高級な寿司屋ではあまり見られないが、庶民的な店やテイクアウト専門の寿司屋では人気の寿司。行楽の弁当などにも良く登場する。

埼玉県熊谷市(旧・大里郡妻沼町)名物の稲荷寿司(聖天寿司)は通常の倍ほどの長径があり、これは江戸時代のいなり寿司の形を反映しているとされている。

稲荷寿司と海苔巻きを組み合わせた折り詰めは助六寿司と呼ばれる。歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」の主人公、助六の愛人の名が揚巻であることから、 油揚げとのり巻きの洒落から名付けられている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

-----------------------------------------------------------------------


そっか。よくスーパーで三角形のいなり寿司がありますが、これって関西なのですね。
で、俵型が関東。
納得です。しかし、今回の主役の稲荷寿司。これは俵型でも通常の倍ほどの長さなのです。


今日は母の日。


ささやかなプレゼントと一緒にチョイスしたのがこれ。


小林寿司高林店(群馬県太田市)のいなり寿司。


じゃ〜ん!!!こちら〜


画像



「いなり寿司3つ」に「のり巻き4つ」



『油揚げで包んだ細長〜いお寿司』というのがこちら!



画像




甘〜い何とも表現し難い味がたまりません!



なんでも、ここの店主は味にこだわり、毎日、味見をしているらしく、歯の状況は良くないとか。



プレゼントと言いつつ、自分の分も買っていき、あっという間にペロリ・・・おいしく頂きました。
埼玉県熊谷市の聖天寿司もいいですが、私はここ小林寿司太田高林店がお奨めです。



群馬県太田市へお越しの際は是非ともお立ち寄りください!

小林寿司(太田高林店)
群馬県太田市高林東町1349
0276-38-0509




最後まで読んでくれてありがと〜♪♪♪ にほんブログ村 その他日記ブログ あほ・バカへ にほんブログ村 環境ブログ 地球環境へ 人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「環境を意識した日々」多く読まれた記事・年間ベスト5!
開設4周年ということで、集計してみました{%クラッカーwebry%} ...続きを見る
環境を意識した日々
2009/03/07 17:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな長いお稲荷さんは初めてです。
昔は三角形のお稲荷さんを作りましたが、今は細長いといってもせいぜいこの半分くらいかな?いや、三分の一くらいかもしれません。
長いお稲荷さんの元祖は、こちらの物だったのですね。
S子
2008/05/12 01:23
環ちゃんさん、こんばんは。また失敗しましたんでこちらへ伺いました。私は小さい頃、岡山県津山市と言うところへすんでいましたが、秋祭りの頃になると、祖母が必ずこの「揚げ寿司」と母の里の鳥取のサバで造る「鯖寿司」つくってくれました。いつも愉しみにしていましたねえ。この揚げ寿司の飯には具が入っていましたね。特に美味しくて覚えているものに「麻の実」入っていてね、プチッとする食感を今でも覚えています。
環ちゃんさんのブログ、味わいのあるいいブログですねえ。
またよろしく、たぬち庵
たぬち庵
2008/05/12 20:16
S子さん、こんばんは。
S子さんのところではこんな長いのはないのですね。
確かに三分の一位が一般的なものですね。
機会があったら是非お試しを〜
環ちゃん
2008/05/12 20:37
たぬち庵さん。こんばんは。
揚げ寿司という言葉は今回初めて知りましたが岡山県津山市ではこの呼び方なのですね。なんか新発見です。
こちらのスーパーで三角のタイプには麻の実が入った記憶があります。
>環ちゃんさんのブログ、味わいの・・・
ありがとうございます。是非また遊びに来てくださいね。

環ちゃん
2008/05/12 20:43
たぬち庵さん こんばんは
すごくおいしそうですね。確かに大阪は三角形ですよ。
一昨年、市役所めぐりを始めてすぐに、太田市・熊谷市など行ってしまいました。太田市は市役所の写真を撮って、沿道沿いの電器店の多さに驚いただけであっさり通過してしまいました。こんないろいろな名物があるのでしたら、もっとゆっくりと寄ればよかったです。
ようこ
URL
2008/05/13 00:13
すみません 上の文章につられて「たぬち庵さん」と間違ってしまいました。たぬち庵さんを通じて環ちゃんとお知り合いになれてうれしかったです。お許しを!
ようこ
2008/05/13 00:15
環ちゃん、こんにちは。
私は細長いお稲荷さんは食べた事がありますよ。甘酸っぱくてちょこっとついてる紅生姜がその甘さを引き立たせてくれますよね。
職人さんは日々手を抜く事なく頑張っているのに、船場吉兆さんはもっての他ですよね。プンプン。
あんこ姫
2008/05/13 15:31
ようこさん。こんばんは。遅くなりました。
大阪は三角形ですか。これまた貴重情報、ありがとうございます。
>沿道沿いの電器店の多さに・・・
近くに住んでいる私からすると、そういう感覚はなですが、確かにあの通りは並んでますね。なるほど。
是非、もう一度そんな機会がありましたら立ち寄ってくださいね。
>上の文章につられて・・・
私もそんな経験がありますよ。全然気になさらずに!
そうですね。ようこさんのブログは私にとって興味ある内容が多いので本当にたぬち庵さん繋がりでこうしてコメント出来ていることがうれしいですよ。
いつもありがとう、たぬち庵

・・・はは。これ、たぬち庵さんのお決まりの結び言葉でした(笑)
環ちゃん
2008/05/13 19:57
あんこ姫さん。もうこんばんはですね。遅くなりました。
細長いいなり寿司。ご経験ありですか。
私は油揚げに付いた紅生姜の紅色がちょっといい感じと思って食べています。
ほんと船場吉兆さんに研修に行って貰いたい位の小林寿司さん。もしこちらを通ることがあれば寄ってみてくださいね。
いつものお越しに感謝です。
環ちゃん
2008/05/13 20:08
環ちゃんが地図まで入れてこのながあ〜いお稲荷さんを奨めるなんてよっぽどおいしいんだろうねえ〜。こんな長いお稲荷さんって見たことないよ。私はね、お稲荷さんて皮を剥がして食べる人なの。変な婆さんなんやわ。みんなから笑われてるの。
何だかお腹空いたなぁ〜ヾ(´ρ`)〃 なんか食わせろ〜!!
さよちん
2008/05/13 21:01
さよちんさん。
結構、こちらの地域だけなのでしょうか?珍しいのかなあ?
それにしても皮を剥がしてなんて・・変、変??
こういうの見てるとお腹空きますよね。でも私は誘惑に負けないのだ〜(汗;)
環ちゃん
2008/05/13 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
油揚げで包んだ細長〜いお寿司! 環境を意識した日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる